大阪・堺を中心とした人材派遣のことならケイエムシー

0643007120

けむっし~と学ぶ平和

けむっし~と学ぶ平和

2022.08.09

大阪府堺市で

人財派遣ビジネスをしている

『株式会社ケイエムシー』

マスコットキャラクター

けむっし~だよ~♪


8月9日といえば

長崎県に原子爆弾が投下された日、

今年でもう77年が経つそうです(>_<)

せっかくなので今日はそれに関わるお話です!


東洋一と呼ばれた教会


江戸幕府が鎖国した理由の一つに

「キリスト教とその宣教師の流入を防ぐ」

という目的があったはずだけど、

そう簡単にはいきません!


「人と人とが交流すると情報が行き交う」

「それを制限するのは難しい」

というのは何となく理解できるよね~(^^;


長崎県が港町に指定され、

外国人との交流がはじまると

地元住民たちのなかにも

キリスト教に改宗する方が表れ、

教会も建てられるようになったよ~♪


         うらかみてんしゅどう

その中でも『浦上天主堂』

別格の出来栄えだったようで、

当時のキリスト教徒のあいだでは

「東洋一の教会」だと高く評価されていた、

そんな教会があったんだ~!




それに浦上天主堂が建っていたのは

原子爆弾が投下された場所から

500mもない場所…


ご覧のように壁と柱の一部は残りましたが、

あれだけ立派な建物が

一瞬にして吹き飛んだようです…




また爆弾が投下された時は

2人の神父と数十人の教徒が

平和への祈りを捧げていたらしく、

今でもキリスト教カトリック派や

長崎県では悲劇として

語り継がれているんだよ(._.)


興味深い逸話


戦後しばらくした時の事、

浦上天主堂が爆撃された事を知った

世界中のカトリック教徒は

「同じ神さまに祈りを捧げる

兄弟・姉妹が傷つけられた」

「教会の近くに爆弾を落とすんじゃない」

とアメリカを批判したという逸話を

ご存知の方はおられますか?


どうやらこのお話は実話のようで、

キリスト教徒の多い地域では

結構有名なお話なんだそう(>_<)


「これ以上の犠牲者を出さないためには

原子爆弾の使用は仕方なかった」

というのがアメリカ軍の主張なんだけど

それに真っ向から反対し、

浦上天主堂の再建にも協力してくれた

キリスト教徒がたくさんいたらしいよ~♪


宗教=争いの原因と考えていたけど

ポジティブに作用する事もあるんだね(*^^*)


原子爆弾に関するお話が

ネガティブなものばかりじゃなかったので

皆さまにもご共有したかったんだ~♪

下のURLは参考にしたサイトです!


HUFF POST

長崎原爆の爪痕が残る浦上天主堂

https://bit.ly/3AgD7AZ


今日も出会えた全ての方に感謝です!

そして笑顔になってもらえるよう頑張るよ~♪

今日も最後まで読んでくれてありがとう♪