大阪・堺を中心とした人材派遣のことならケイエムシー

0643007120

けむっし~の『偉人紹介』♪

2021.01.14

大阪府堺市で人財派遣ビジネスをしている

『株式会社ケイエムシー』マスコットキャラクター

『けむっし~』だよ~♪


今日は日本の偉人を紹介するよ~♪

昨年この方の映画も公開されていたし

作家としてたくさんの作品を残した方だから

きっとご存じの方も多いはず!


という事で今日は

『三島 由紀夫』(みしま ゆきお)さんの

紹介をしていくよ~♪


三島さんの代表作!!


画像①



三島さんの代表作といえば

ご自身の経験をもとに書いた『仮面の告白』!


ほかにも戦争から復興する日本を

若い男女5人の物語で描いた

『鏡子の家』(きょうこのいえ)や

1950年に実際に起こった

金閣寺放火事件をもとにした『金閣寺』

クーデターに失敗した軍人と

その奥さんが主人公の『憂国』(ゆうこく)など

ほかにもたくさんあるよ~♪


とにかくどの作品も『生きるとはどういうことか』

『死とはどういうことなのか』など

難しい事を考えさせられる内容の作品が多くて

好き嫌いがはっきり分かれる作家さんなんだ~(^^;


さらに難しい言葉遣いや

昔ながらの日本語がほとんどだから

すらすら読めないという欠点もあったよ(._.)


また別の機会でひとつずつ紹介するね~♪


偉人紹介♪


三島由紀夫という名前は今で言うペンネーム♪

本名は三島 公威(みしま きみたけ)さん!


三島さんは1925年の1月14日

東京の裕福な家庭に産まれたんだ~♪


だけど小さいころから体が弱くて

よく病気になっていたんだって!


それを心配した三島さんのおばあちゃんは外で遊ぶ事を許さず

まるでお人形をかわいがるように三島さんを育てたんだ(._.)


そんな生活は中学生になっても続いて

同級生からはいじめの対象にされた経験もあるって

『仮面の告白』に書いてあったよ!


ただ体は弱くても心は強かったみたい!

いじめに対して立ち向かう事も多くあったり

自分の得意な勉強でいじめっ子にやり返すなど

活発な面もあったそうだよ~♪


そしてこの頃から作家としての活動を始めていたそう!

1938年三島さんが13歳の時に発表した

『すかんぽ』という短編小説がデビュー作品♪


さらにその3年後

高校2年生で書いた『花ざかりの森』という作品で

三島由紀夫というペンネームを使い始めたんだよ~♪


そして今は東大と呼ばれている

東京帝国大学の法律学部に進学!!


作家なら文学部に進んで

専門的な知識を深める事が多いんだけど

お父さんに反対されて文学部には進めなかったんだって(>_<)


三島さんのお父さんは今で言うエリート官僚!

当時の日本は第二次世界大戦が本格化する少し前という事で

そんな時に芸術なんて何の役にも立たないと

三島さんの意見を無視して

法律学部に進ませたという記録があるんだよ~(._.)


当時は家族の中でお父さんが1番偉い

という考えが強い時代なのは知ってるけど

やっぱりおかしい事だと思うんだ!


小さいころは病弱な自分や過保護なおばあちゃん、

学校に通いはじめるといじめ、

そしてお父さんには才能を認めてもらえない、などなど

三島さんの人生には理不尽な事がたくさんあったけど

それはまだまだ続くんだ~(>_<)


という事でいったん中締め!

この続きは明日のブログをお楽しみに!!


下のURLは参考にしたサイトだよ~♪

Wikipedia

三島由紀夫さんについて

https://bit.ly/3qgXciy

参考画像①映画 三島由紀夫vs東大全共闘

https://bit.ly/3qh4eUk


今日も出会えた全ての方に感謝です!

そして笑顔になってもらえるよう頑張るよ~♪

今日も最後まで読んでくれてありがとう♪