大阪・堺を中心とした人材派遣のことならケイエムシー

クリスマスが起こした奇跡のお話

2019.12.25

今日の出来事

大阪府堺市で人材派遣ビジネスをしている

『株式会社ケイエムシー』マスコットキャラクター

『けむっし~』だよ~♪


今日は昨日に続いてクリスマスにまつわる

素敵なお話を紹介するよ~♪

昨日の記事は下のURLからみてね~♪

https://www.kmc-recruit.com/blog/detail/everyday12



ヨーロッパにて 


第一次世界大戦

ドイツとイギリスが戦った西部戦線での

クリスマスのお話!


1914年6月に始まったこの戦争は

『戦争を終わらせるための戦争』と謳われて

兵士たちはヨーロッパで絶え間なく続いていた

戦争を終わらせるため必死で戦っていたんだ!


『クリスマスにはこの戦争も終わり

 家族と楽しく過ごせるだろう』


という内容の兵士が残した手紙が

ヨーロッパ各地で今も残っているんだ(._.)

でも戦争は終わらなかったんだ。


そして1914年のクリスマス!

西部戦線で奇跡が起こったんだよ~♪

両軍の兵士が現場の判断で戦う事を

一時的に止めて讃美歌『きよしこの夜』

一緒に歌って、サッカーをして遊んだり

食料を交換したそうだよ!

これがクリスマスの奇跡

『クリスマス休戦』なんだよ~♪


この休戦はクリスマスから数日間、

長い所では年が明けるまで続いたそうだよ!

でも現場の勝手な行動だから

記録は残っていても非公式扱いなんだって。

いいお話だけど少し悲しいね(._.)



クリスマス休戦は日本でも 


実は戦国時代の日本が世界で初めて

『クリスマス休戦』をしたんだって!

松永久秀と三好三人衆が

戦っていた時のお話だよ~♪

武将の説明はなが~くなるからやめておくね♪


なんと戦っていた場所は堺!!

当時堺でキリスト教の布教をしていた

宣教師『ルイス・フロイス』

クリスマスにミサをしたらしいんだ!

そのミサには両軍合わせて

70名ほど参加したそうだよ~♪


この世界初の『クリスマス休戦』

フロイスが残した『フロイス日本史記』

書かれているだけなので、

こちらも非公式の記録なんだよ~♪


いつかこの世界から戦争がなくなって

みんなが笑ってクリスマスを迎えられる日が

来ることをけむっし~は願っているんだよ~♪



関わる全ての人に感謝!

そして笑顔になってもらえるよう頑張るよ♪

今日も最後まで読んでくれてありがとう!